粟谷塾粟谷塾の経営理念

神奈川県横須賀市の個人塾(家塾)

「粟谷塾玄関サイン - I'm a genius.」と「粟谷塾外観 2014年4月25日撮影」と「粟谷塾看板 - 花と蝶」

[自信]を持たせて[意欲]を引き出す塾

大学のように自由な授業で、基礎的な学習から専門的な研究まで!




※当サイトでは、人それぞれの意味が有るような幾つかの語については、「私が言っている意味での」と云う事を示す為に、敢えて[ ]を付けています。



粟谷塾の学費


粟谷塾の経営理念」で述べたように、粟谷塾は本来[謝礼]制の塾ですが、自分に都合の悪い事は無かった事にする“事勿れ主義”の気風とそこから生まれる諸問題への対策として、2016年1月より、入塾・復塾する方には、[謝礼]制の段階の前に、準備段階として授業料制の段階を置かせていただく事にしました。

授業料制の説明


それにしても、先に書いたように、授業料制は、[謝礼]制への準備段階として置かせていただいた物です。
私としては、[謝礼]制で通塾していただけるのが一番です。
ですから、[謝礼]制と粟谷塾の真意を認識していただく為に一人の保護者の方に当塾で開く講演会に原則10回ご出席頂いたら、授業料制から[謝礼]制への移行をご提案させていただきます。
[謝礼]制に移行なさるかどうかお決め頂き、お伝え下さい。
[謝礼]制への移行をご希望頂いた方には、翌月分まで授業料を頂き、翌々月から[謝礼]制に移行していただきます。

■[謝礼]制の注意点■

[謝礼]制とは、「粟谷塾の経営理念」にも書いた通り、生徒・保護者の皆さんの方から、金額や時期等、自由に決めていただいて、その都度任意で納めていただく学費方式です。

10回の講演会出席を経て[謝礼]制に移行された方には言わずもがなの話だとは思いますが、「[謝礼]の金額は自由。」と言っても、「少しで構わない。」と言っているのではありません。
私は、皆さんから頂く[謝礼]で生活し、粟谷塾は、皆さんから頂く[謝礼]で存続し機能しています。

また、[謝礼]制の[謝礼]は、「私が生徒・保護者の皆さん一人一人の為に力を尽くす働きを評価していただいて、思い思いの[感謝]の気持ちを表していただ」く物であり、私は、皆さんから頂く[謝礼]によって、私に対する[感謝]のお気持ちを受け取ります。
ですから、その[感謝]のお気持ちに見合った[謝礼]の金額・内容をお決め下さい。
その際にご家庭で話題にしていただけば、子供達にとっても、[感謝]や仕事、生活・生計、価値と価格、お金や経済、助け合い、…等々、人生上の大切な事柄を考える貴重な機会になるだろう、とも思います

分からない事が有れば、是非ご遠慮無くお尋ね下さい。
普通と違う事をしているのは、私自身、よく分かっていますから^^
ただ、[謝礼]の金額を決めてくれ、と云うのは勘弁してください。
それでは、授業料を取るのと同じ事になりますから^^;
この事についての私の気持ちは、「粟谷塾の経営理念(PDF版)」に載せた「【参考】 授業料制導入以前に掲載していた二つの『私が[謝礼]制を考えるに至った理由』」から変わっていません。

私が、授業料として徴収した10000円紙幣よりもそれに添えて頂いた謝礼の1000円紙幣の方が遥かに価値が有る、と感じた人間であるのを忘れないでいただきたい、と思います。
私は、[謝礼]の金額で皆さんの[感謝]の量を測ったりはしません。
紙幣の額面は国立印刷局の職員が書いたのであり、私が書いたのではありません。
私がこれまでに粟谷塾で受け取った紙製の[謝礼]で最も高価だった物には、数字ではなく短い言葉のメッセージが書いてありました。

参照ページ ♠


2016年01月01日金曜日
粟谷塾塾長  粟谷 聡

オススメ本ですw


メールはこちら

粟谷塾粟谷塾の経営理念

Copyright © Satoshi Awaya